新しいタクシー・ハイヤーのあり方を創出し
地域の皆様に貢献できるホスピタリティを追求します。

当社がタクシー業界に参入したのは2008年、株式会社クワハラグループの旅客運送業部門としてスタートしました。社是である「独創的経営」をモットーに、「社会奉仕活動の一環を担える事業として、徹底したホスピタリティの追求すること」を理念として、お客様に喜んでいただける、必要とされるタクシー会社をめざしています。

 

最高級のハードに、最上級のハートを乗せて

国際都市横浜をキーステーションとする当社では、日本はもちろん、各国からのお客様にご満足いただくために、ハード・ソフトの両面で、高いレベルを追求しています。
ハード面とは車両です。当社は、高級仕様のタクシー28台、最高級仕様のハイヤー20台、9人乗りの大型ワゴン5台、ペットタクシー1台、さらに国産最高級セダンLEXUS LS600hLを2台所有しています。
ソフト面とは最高のマナーとサービスです。タクシー・ハイヤーは単なる移動手段ではありません。お客様を目的地まで安全にお届けするのはもちろんですが、加えて、リラックスできる時間と場所をご提供するのも、ドライバーの重要な役割だと考えています。
「最高級のハードに最上級のハートを乗せて走る」。お客様にご満足いただける新しいタクシー・ハイヤーの形を提供する、それがタクシー&ハイヤー ジュンの魅力であり、従業員の誇りです。
その努力と実績が認められ、伊勢志摩サミット、APEC、アフリカ開発会議等、我が国で開催された重要行事や会議で、来賓、要人、関係者の移動担当として要請をいただきました。多くの同業者がいる中、神奈川県内では、唯一の選定です。

タクシー・ハイヤーのあり方を進化させ、ジュンブランドをつくりたい

当社では「お客様に喜んでいただけるサービスを第一に」考えています。そのために、これからも新しいタクシー・ハイヤーの形を考え、実現していきたい。お客様に喜ばれる、必要とされ続けるためには、どういうサービスを提供していけばいいか、従業員が一丸となって努力しています。

現在、当社で働いている乗務員は、「従来のハイタク業と同じであれば入社しなかった」と異口同音に言います。乗務員一同が、高い意識と誇りを持って、自らの仕事に取り組んでいる現れだと自負しています。お客様に喜んでいただけるサービスも、社員から提案されたものが少なくありません。たとえば英語版のパンフレットや、英語と中国語にも対応している自社のホームページも、現場を支える乗務員からのアイデアです。

近年ではグループ内に旅行会社を創設し、海があり港町の歴史をひもとく観光スポットがある、横浜ならではの環境を活かしたプランも企画しています。タクシーやハイヤーによる陸の観光、絶景を眺めながらのランチクルージング、ヘリコプターによるナイトフライト、これらをセットにした陸・海・空からのアプローチです。もちろん、すべての移動には当社のタクシー・ハイヤーをご利用いただき、お客様をおもてなしします。

通常のタクシー・ハイヤーは、いわゆる流し営業が主流です。お客様に拾っていただくのを待つだけでは、企業の成長は先が見えてしまうでしょう。私たちは、自らが仕事を作り出し、お客様に積極的に選んでいただく企業として成長することをめざしています。お客様に必要とされ、喜んでいただけるサービスを創出し、ご提供することで、私たちの存在を知っていただき、いずれは「横浜にジュンタクあり」といわれるよう、ブランド化していきたいと考えています。

今後も新しいタクシー・ハイヤーの形を実現するために、従業員一丸となって、お客様に喜ばれるサービス、おもてなしをご提供していきます。関係各社のご協力に感謝すると同時に、皆様の信頼にお応えできるよう責務を果たし、地域貢献のために尽力していく所存です。

これからの「ジュンタク」に、どうぞご期待ください!

 

TAXI&HIRE Jun 代表取締役
桑原義和